総説・学術資料等

 

1.         M. Calvin (松尾 拓, 長村利彦 訳); 光合成をモデルとする光エネルギー変換、化学, 33 (4), 254-262 (1978).

2.         長村利彦; 水の光増感分解ー太陽エネルギーの光化学的変換と蓄積へのアプローチ,  光化学, 4, 38-40 (1980).

3.         松尾 拓, 加納航治, 長村利彦, 坂本哲雄, 託摩啓輔, 伊東謙吾, 西嶋豊喜, 高柳 丘; 光エネルギーの化学的変換と異相界面の利用,  旭硝子工業技術奨励会研究報告, 38, 83-92 (1981). 

4.         長村利彦; 酸化還元分子集合系による光誘起電子移動反応の分子制御,  IONICS(アイオニクス)ーイオンの科学と技術ー, 12 (10), 7-19 (1986). 

5.         長村利彦, 又野孝一, 酒井謙吉; 高度に組織化された分子集合体を用いる光誘起電荷分離反応に関する研究,  岩谷直治記念財団研究報告書, 10, 69-72 (1987). 

6.         長村利彦; 偏光変調赤外分光法による固体表面 および吸着種の分析,  ぶんせき, (8), 578 (1987). 

7.         長村利彦; 固相系の可視光誘起電荷分離,  光化学, 12, 57-61 (1988). 

8.         長村利彦, 又野孝一, 酒井謙吉, 鎌田重信; 高度に組織化された分子集合体を用いる光誘起電荷分離反応に関する研究,  岩谷直治記念財団研究報告書, 11, 24-28 (1988). 

9.         長村利彦、有機超薄膜の光電変換機能と構造特性,  表面 , 28 (1), 1-14 (1990). 

10.     長村利彦、分子オーダーで配列した酸化還元型単分子累積膜の光誘起電子移動反応に関する研究,  マツダ財団研究報告書, 3, 17-26 (1991). 

11.     長村利彦、分析機器構成要素の基礎知識:データ処理システム,  ぶんせき, (12), 984-985 (1992). 

12.     長村利彦、ビピリジニウム・テトラフェニルホウ酸塩の開発と光機能,  機能材料, 13 (2), 39-50 (1993). 

13.     長村利彦、酸化還元分子複合系の光機能,  機能性材料ニュース, 24, 18-26 (1993). 

14.     長村利彦、情報記録機能性高分子,  インテリジェントポリマー技術研究調査報告書, 静岡: 静岡県, 49-69 (1993). 

15.     長村利彦、私の発言 interview,  O plus E, 189, 54-60 (1995). 

16.     長村利彦、フォトンモードによる超高速高密度記録,  日経ニューメディア別冊、最前線レポートDVD, 140-148 (1995). 

17.     長村利彦、酸化還元分子組織系の光誘起電子移動反応と光機能,  光化学, 20 (2), 43-53 (1995). 

18.     長村利彦、有機分子による超高密度フォトンモード光記録ー超解像、三次元記録など,  O plus E, 201, 93-102 (1996). 

19.     長村利彦、超高速光応答材料の開発と分子フォトニクス,  機能材料, 19 (4), 20-34 (1999). 

20.     長村利彦、新しい超高速光応答材料及び空間光変調分子デバイスの開発,  光アライアンス, 10 (9), 22-28 (1999). 

21.     T. Nagamura; Quadrupled recording density for optical and optomagnetic disks,  JETRO, New Technology Japan, 22 (5), 22-23 (1994). 

22.     長村利彦、超高速分子光情報処理の将来性,  、「技術予測レポート:21世紀に期待される技術〜その将来展望」、第1巻エレクトロニクス・IT・オプトエレクトロニクス技術編, 東京: 日本ビジネスレポート(株), 79-93 (2000). 

23.     長村利彦、超高密度・超高速フォトニック分子メモリ,  未来材料, 1 (2), 8-17 (2001). 

24.     長村利彦、光誘起電子移動とクロモフォア間相互作用による特異な光機能,  特定領域研究 非局在電子系ニュースレター, (5), 20-24 (2001). 

25.     長村利彦、超高速・超高密度フォトンモード分子メモリの現状と展望,  超高密度・超高速フォトニック分子メモリ調査報告書, (財)化学技術戦略推進機構, 3-27 (2001). 

26.     長村利彦、超高速・超高密度フォトニック分子メモリーへの展望,  ファインケミカル, 30 (20), 28-39 (2001). 

27.     長村利彦、超高密度・超高速フォトンモード分子メモリをつくる,  化学, 57 (1), 24-27 (2002). 

28.     長村利彦, 白鳥硬次、導波モード励起蛍光による環境ガスの高感度高速センシング, 信学技報, 101 (575), 13-16 (2002). 

29.     川井秀記, 長村利彦、白色光導波路法による有機超薄膜の過渡応答スペクトル計測,  信学技報, 101 (575), 23-26 (2002). 

30.     長村利彦、超高速分子フォトニクス材料・デバイスの開発,  科学と工業, 76 (8), 353-360 (2002). 

31.     長村利彦、色素含有高分子薄膜の光励起超高速複素屈折率変化に基づく分子フォトニクスデバイス,  高分子, 51 (12), 948-951 (2002). 

32.     長村利彦、膜による光エネルギーの化学・電気・光変換, オレオサイエンス, 3 (1), 19-28 (2003). 

33.     長村利彦、フォトニック分子メモリ, 応用物理, 72 (2), 196-200 (2003). 

34.     田中敬二, 長村利彦, 梶山千里, 青井啓悟, 岡田鉦彦、デンドリマー超薄膜の凝集状態と分子運動特性,  表面 , 41, 337-345 (2003). 

35.     長村利彦、超高速分子フォトニクスの展開,  未来材料, 4 (7), 42-49 (2004). 

36.     長村利彦、超高速分子フォトニクス材料・デバイスの開発,  化学工業, 55 (10), 47-53 (2004). 

37.     長村利彦、DNA超薄膜の電場増強エバネセント励起蛍光によるガスセンシング,  光学, 34 (10), 458-463 (2005). 

38.     赤堀敬一, 田中敬二, 長村利彦, 高原 淳, 梶山千里、高分子レオロジーと成型加工CAEの基礎-その中身と周辺問題-(9)CAE用レオロジーの基礎:高分子固体・表面のレオロジー,  成形加工, 17 (9), 610-615 (2005). 

39.     長村利彦、分子の電子状態制御と超高速フォトニクス応用,  化学工業, 57 (5), 68-74 (2006). 

40.     長村利彦、伊藤冬樹;高分子の光機能、連載・高分子科学最近の進歩,  高分子, 56 (1), 42-47 (2007). 

41.     長村利彦、フォトエレクトロクロミズムの分子制御と光情報処理応用,  光化学, 38 (3), 158-165 (2008).

42.     長村利彦、伊藤冬樹、ナノ複合高分子薄膜の構成と光情報処理応用に関する研究、(財)九州産業技術センター、KITEC INFORMATION248, 19-24 (2008).

43.     長村利彦、金ナノロッド—DNA複合体による近赤外色素の蛍光増強と機構解明、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究平成19-22年度「光分子強結合反応場の創成」ニュースレター、No. 7 (2008).

44.     長村利彦、高分子超薄膜系の蛍光増強、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究平成19-22年度「光分子強結合反応場の創成」ニュースレター、No. 15 (2009).

45.     長村利彦、ナノ構造・配列制御した光−分子強結合反応場による近赤外蛍光増強と応用、文部科学省科学研究費補助金特定領域研究平成19-22年度「光分子強結合反応場の創成」ニュースレター、No. 27 (2010).

46.     長村利彦、色素・高分子複合化導波モードナノ薄膜とフォトニクスデバイスの創製、未来材料、11 (3), 42-51 (2011).

47.     長村利彦、光化学協会誌巻頭言、温故知新 Visiting old, learning new、光化学、44 (1), 1 (2013).

48.     長村利彦、複合導波モード薄膜による高性能アルコールセンサ、計測・診断システム研究協議会ニュース、98 , 3-4 (2013).

49.     長村利彦、光が拓く最先端の高分子材料、高分子64 (4), 196-198 (2015).1, 2